ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

人生はメリハリが大事

人生はメリハリが大事。最近、そんなことを思う出来事がありました。

メリもハリもない人生はすごく平坦で無刺激ではないでしょうか。コスパやタイパなどを考え過ぎると、「不必要な」ことをできるだけやらないような人生を過ごしたくなっていきます。しかし、何をもって「不必要」と判断するかはなかなか難しいところです。

例えば人間関係。仲の良い、自分にとって居心地の良い相手は「必要な」人間関係に思えますが、自分にとって居心地の悪い相手は「不必要な」人間関係なのかというと、必ずそうとも言い切れないと思います。ネガティブな関係があるからこそ、ポジティブな関係が目立って見えて、そのありがたみが分かったりするからです。

良いものだけを究極的に追求し続けると確かに良いものは集まってきますが、人間、絶対的な価値よりも相対的な価値の方がイメージがしやすいです。音楽でも、絶対音感は身につけるのは難しいですが、相対音感は身につけやすいのと同じで、絶対的な価値というのはどうしても判断がしづらいのです。となると、自分にとってプラスになるものだけを集めると、結局その中で相対的な価値付けをしてしまい、何やらイマイチな気分に起きがちです。

人間関係以外でも同じです。仕事をするにしても、趣味で何かをやるにしても、メリとハリを意識して取捨選択を続けるからこそ、楽しく没頭したりできるわけです。つまらない仕事がたまに混ざることで、楽しい仕事が目立つのです。また、そのつまらない仕事からも何か学びがあったりして、結果として楽しい仕事がさらに楽しくなったりもするわけです。

人生はメリハリが大事。いかにメリとハリでバランスを取るか、しっかりと考えていきたいですね。