ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

まず与えられることで、与えることができるようになる

「まず与えられることで、与えることができるようになる。」

そんな風に考えることがあります。

よく、自分が与えられたければ、まず自分から相手に対して与えるべき、というような話を聞くことがあります。これはもちろんその通りで、先に提供することで、提供してもらうことに繋がりやすい、信頼関係を構築しやすいというのはあると思います。

しかし、これはすでに「与えられた経験」がある人に限った話になってくると思います。更にいえば、「ここ最近で与えられた経験がある人」とも言えるでしょう。つまり、そもそも与えられた経験がない人、与えられた記憶のない人は、他人に対して与えることはできない、ということです。

所有していないものを他人と共有することができないように、まず自分の中に「与えられた経験」がない人は、そもそもどのようにすると他人に与えることができるのか、が分からないのです。なので、与えてくれる人がいる環境にいない人は、ある種「詰んでいる」状態にあるとも言えるかもしれません。

これは他人を信頼することにおいても同じことが言えるでしょう。他人から信頼されたことがない人は、他人を信頼することができない、方法が分からないのです。世の中では、「まず自分から」というのがよく言われますが、そもそもの方法が分からないのにそんなことはできるわけないのです。ただのポジショントークと捉えても問題ないでしょう。

さて、ネガティブな話ばかりしていて解決策らしい解決策が見つかっていないですが、まさにその通りでこの問題を解決するのはなかなかに難しいです。正直な話、引っ越しや転職など、環境を変え続けて、運よく良い人と巡り合うのに期待するしかないのかなと考えています。もしくは鋼のメンタルを獲得するか・・・。