ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

誰でもできる、わけはない

よくネット広告などで、

「誰でも今なら達成できる!」
「何もしなくてもお金が稼げる!」

みたいなものがあります。
広告だけではなく、YouTube の動画などでも、
とにかく視聴数を稼ぐために煽りに煽りを重ねたり、
誰でも! 短時間で! などというものが溢れかえっています。

私は基本的にそういったものは一切信用していないのですが、
その理由はとてもシンプルで、

「時間は無限ではない」

という当たり前のことを理解しているからです。

時間が無限にあるのであれば、確かに誰でもなんでもできるようになるでしょう。
もちろん、オリンピック選手や何かの大会で優勝するなど、
そもそもの数が限られているようなものはどれだけ時間をかけても難しいかもしれませんが、
収入をいくらにするとか、テストで何点とるかなどといった絶対的な数値であれば、
時間をかけた分だけ得られるものがあるわけで、達成することもできるでしょう。

しかし、繰り返しになりますが、時間は無限ではありません。
みんな一律に有限の時間しか持っていないわけです。1日は24時間です。
となると、その24時間の中で、今自分が持っている知識や経験をベースにしたとき、
「誰でも、なんでも」というものが、いかにあり得ないかは分かると思います。

「この動画さえ見れば、誰でも年収1000万円!
(ただし、すでに年収1000万円相当の知識やセンスを持っている人が対象です)」

などのように、結局のところかっこがきで何か厳しい前提条件が入るわけです。
この見えないかっこがきにいかに早く気付けるかが大事なポイントになってくると思います。

特に、発信している側も、この見えないかっこがきに気付いていないケースがあります。
例えば、頭の良い人が教える勉強法は、頭の悪い人のことを理解していないものが多いです。
頭の悪い人は本当に1日1秒も勉強しないものですが、
頭の良い人は何も考えずに当たり前のように1日何時間も勉強していて、
またそれを「必死に勉強している」などと考えていないので、そもそもの前提条件が違うわけです。

誰でも、なんでもなんてのはあり得ない。
自分の持っている能力を活かして、自分のペースで自分の限界まで進むしかないのです。
無理せず一歩ずつ着実に、前に進んでいきましょう。