ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

自分の集中力の上がり下がりに気付けているか

自分の集中力の上がり下がりに気付けているか。

少し言葉が変かもしれませんが、
平たくいうと、

「今集中できているのか、できていないのか」
「どのくらい集中できているのか」

ということを把握できているか、ということです。

例えば普段仕事をしているとき。
睡眠不足などで明らかに「集中できていない」という場合を除き、
普段よりも少し集中力が下がっているなどの状況を把握できているでしょうか。

毎日同じ作業を行い、1日100件などのノルマがあるような仕事では、
その進捗度合いで変化に気づくこともあるかもしれませんが、
毎日同じ作業を行うタイプの仕事ではない場合、
その微妙な変化には気付きにくいのではないでしょうか。

そうなると、例えば毎日2割程度集中力が落ちた状態で仕事をしていると、
当たり前ですが毎日の生産量としては2割程度落ちることになります。
仕事の複雑性によっては、そもそも集中できていないので、
完遂することさえ出来ない、となるかもしれません。

そんな集中力の上がり下がりにどうやって気付けば良いのでしょうか?
さまざまな方法がありそうですが、簡単に思いつくところとしては、
「定点観測」できる日々の習慣を設け、その日の自分の状態をチェックする、
ということではないでしょうか。

毎日同じ時間に起床し、ランニングや読書、決まった朝食を食べたり、
少し頭を使うようなゲームをやったり、
昨日までの自分と何か違うところがあるかというのを細かくチェックするのです。
さらにいうと、そういう日々の習慣をこなしていくことで、
常に自分の最高の状態に引き上げることも出来てしまうのではないでしょうか。

なんとなくで日々を過ごしていると気付きにくい些細な変化でも、
1つ1つの行動をしっかりと意識することで気付けるようになる。
そして、それに気付くことができれば、その変化の影響で起きる
様々な物事を受け入れやすくなるのではないでしょうか。