ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

信頼を築くのは大変、壊れるのは一瞬

かなり使い古された言葉のように思いますが、
この言葉は本当にそうだなと感じます。

もちろん、何十年もの付き合いがある親友などが、
何か問題のある発言や行動をしたとしても、
それはもはや大事な家族のような存在であって、
ちょっとやそっとで壊れるような関係ではないでしょう。

しかし、社会生活を送る上で接する同僚や顧客などというのは、
そんな分厚い絆で結ばれた関係ではないわけです。
となると、ちょっとやそっとの失言や失礼な行動などで、
あっという間に信頼関係が壊れることはあるのです。

このブログでもしょっちゅう書いていますが、
プロとしてやるべきことを全うせずに、
それを顧客の責任とでも言うような態度を取ったりするのは、
まさに信頼関係を破壊する発言・行動の良い例でしょう。

顧客を職場の人間に置き換えても良いかもしれません。
上司からの指示、部下への指示、同僚との作業分担。
様々な場面での体験を通し、お互いに築いていく信頼関係。
やっと信頼関係が出来上がったと思った時に、
ふと気を抜いて失言や失礼な態度を取ってしまう。
プロとしてあるまじきことをやってしまう。
その瞬間に、一発退場になるわけです。

お互い、一人の人間であるという大前提はもちろんありますが、
その後にはお互いの「役割」がしっかりと存在しているわけです。
その役割を全うしないような発言や行動は控えなければならないなと、
そんな厳しいことを考える清々しい朝です。