ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

早く結論を出そう

早く結論を出そう。
色んな場面でよく思うことです。

「これをやったら上手くいく気はするけど・・・」
「もうこうするしかないけど、本当にそれでいいのかな、今でいいのかな・・・」

人生長く生きていると、色んな決断を迫られるシーンがあります。
その際、どうしても勇気が出ず、
最後の一歩を踏み出せず、結論を出せずにグダグダと過ごしてしまいます。

個人的な経験として、最も分かりやすいのが最初の転職です。
転職も、一度やってしまうと2回目3回目はあまり抵抗がないのですが、
最初の1回はかなり抵抗があると思います。

「本当にこんなことをしていいのか?」
「自分は裏切り者なのではないか?」

などという感情が浮かぶわけです。
そして実際に、上司から「お前は裏切り者だ」などと言われたりするわけです。

しかし、どういうものごとであっても、
どういう結論であっても、
ほとんど全てのものは最初に考えた通りの決断にいきつきます。
なので、さっさとその決断を下した方が時間の短縮になるわけです。
そして、グダグダと色んなことを考えれば考えるほど精神的にも消耗するわけなので、
とっとと最初の決断を勇気を持って踏み出すことが何より大事なのです。
どれだけ時間をかけても、最初の決断が覆ることはほぼないでしょう。

となると、早く結論を出すのは何においてもメリットしかないわけです。
もちろん、それは分かっていても、ついついダラダラと決断を延ばしてしまいガチです。
私もよくやってしまいます・・・汗
しかし、やはりどれだけ色んな回り道をしても、行き着く結論は同じなわけです。

早く結論を出しましょう。
そしてそれは、99%くらいは最初に思った通りのはずです。