ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

仕事は仕事、やることはやろう

仕事は仕事、やることはやろう。
仕事以外のことでも、
これはやると決めたことがあれば、
しっかりとやりましょう、という話です。

特に、自分で自分に設定した目標とかではなく、
他人と一緒に決めた決まり事であれば、
それをしっかりと行わないのは失礼なことであり、
たとえその間柄が良好なものでなかったとしても、
やると決めたことはやるべきでしょう。

もちろん、そもそも良好な関係でないのだから、
約束事を破ったところで心が一切傷つかない、
と言ってしまえば、一見確かにそれはそうなのです。

しかし、その一切傷つかないというのは本当なのでしょうか?

自分で決めたことを自分で守れない、
他人と一緒に決めたことを自分は守れない、
そういうことを繰り返していると、
自分で自分を信じてあげることが、
段々と出来なくなっていくのではないでしょうか?

今風にいうと(?)、自己肯定感が低い、というものです。

冷静に考えると当たり前の話ですが、
少なくとも自分自身は、
他の誰がどんなことを言ってこようとも、
自分自身を信じて守ってあげる必要があります。
しかし、前述したような自分や他人との
約束事を破るようなことを繰り返すのは、
その大事な自分を裏切る行為、と言うこともできるわけです。

そんなことを繰り返していて、精神が無事なはずがありません。

やりたくない気持ちは分かります。
特に、良好な関係ではない間柄なのであれば、
何か「復讐してやった」くらいの感覚もあるでしょう。
しかし、そんなのは一瞬の甘い蜜。
長期的に見れば、自分自身を傷つけているに他ならない。

自分を裏切るようなことはやめましょう。