ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

斜に構えるのはやめよう

斜に構えるのはやめよう。

冷静に考えると当たり前のことですが、
私の周囲では結構よく見る風景です。

正直に自分の気持ちを表現して、
それを否定されるのが怖いので、
ついつい斜に構えて、

「え? 自分そんなの興味ないですよ?」

という態度をとってしまうのです。

別に私の周囲に限った話ではないと思いますが、
人はついつい傷つくのを恐れて、
自分の本当の感情を隠して、
何かを守りたくなってしまうものなのです。

しかし、よくよく考えると、
そうやって自分の気持ちを隠して、
本当の自分の意見を言わずに、
結果的に傷付かなかった「ように見える」というのは、
何かメリットがあるのかというと、
多分ないわけで、むしろデメリットの方が多いと思います。

自分の感情を隠して、その結果表面的に傷付かなかったとしても、
自分の内面は十分なほどに傷ついているわけで、
外面よりも内面が傷つく方がダメージは大きいわけです。
何より、自分で自分を裏切るような行為になるわけです。

そう考えると、そういう「その場しのぎ」的な行為は、
百害あって一利なし、やるべきではないわけです。

もちろん、そんなことは分かっているけど、
その場しのぎで「社会的に」自分が傷つくのを恐れて、
ピエロになってしまうわけです。

斜に構えるのはやめよう。
そして素直に生きましょう。