ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

会話における前提条件

仕事でもプライベートでも、
会話をする上での前提条件を揃えることが重要です。

もちろん、会話だけでなくメールなどでも同様ではありますが、
メールなどのまとまった文章の場合、
意識的に前提条件を揃えようと思いやすいと思います。
1通のメールで認識のずれがなく意思疎通を図れるよう、
ちゃんと文章をまとめよう、という意識が働くからです。

ただ、これが会話になるとどうしても働きづらいです。
目の前に人がいて、会話を開始してしまうと、

「ちょっとストップ」

と言って会話を止めて、長考するのは難しいからです。
(そういうコミュニケーションを得意とする人もいるとは思いますが)

===============

「会話」と書きましたが、これは対面の会話だけに限らないです。
今の時代、リモートワークのチャットツールなどで、
会話とほぼ同等のスピード感、レスポンス感が
期待されるコミュニケーションがあります。
そうなると、前述の会話の時に発生するミスコミュニケーションが、
チャットツール上でも発生しやすいということですね。

さらに、ここにもハマりポイントがあります。
チャットツールは文章として書かれているので、
先程のメールのような前提条件を揃えたつもりになりがちです。
ただ、リアルタイムのコミュニケーションを期待しないメールと、
リアルタイムのコミュニケーションを期待するチャットだと、
どうしても情報量に差が出てしまいます。(意識できているかはさておき)
そうすると、人によってその文章の意味合い、前提条件が変わってしまい、
なんともいえないやりとりになったりします。

前提条件を揃える。
コミュニケーションにおける大事なポイントであり、
そして忘れがちなポイント。(私もよく忘れます・・・汗)
大事にしていきたいですね。