ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

好きなことして生きていけるなら何をするのか

先日、無事に(?)36歳の誕生日を迎えました。
2021年は激動の年だったと思っていますが(まだあと3ヶ月ありますが)、
ちょうど良い節目なので改めて人生について考えていました。

好きなことして生きていけるなら、
いったい今の自分は何を選択するのだろうか。

これは仕事としてという意味もあるし、
一生分の収入が手に入ったとして、その後何を選ぶのか、
という意味もあります。

===============

今、私はありがたいことに、
ほとんど趣味のような(遊びのような)感覚で、
仕事に取り組めています。
もちろん、仕事の内容によっては
イマイチ気が乗らないようなものもありますが汗、
概ね、楽しく、パズルを解くような感覚で仕事をしています。

しかし、では今改めて、
収入面の不安が全くなくなったとしても、
今の仕事を続けていくのだろうか?

そう考えたときに、すぐに答えられるほど、
今の自分の気持ちは固まっていないなと思いました。
一昔前(20代の頃)であれば、おそらく何の迷いもなく「イエス」と
答えていたであろうこの問いに対して、
迷いが生じてきてしまっているのです。

===============

一昔前は、とにかく目の前の問題を解くのが楽しかった。
解けば解くほど成長を実感できるのが楽しかった。
(そしてそれが評価されて、給料が上がるのが嬉しかった。)
成長に繋がるのであればとゲームなどの娯楽もやめていた。
とにかく、目の前の問題、仕事、勉強に打ち込んでいた。

しかし気付けば30代も半ば。
とにかく目の前の課題をこなしていったからって、
何か大きな変化が生まれることもなくなってきました。
解けば解くほど成長を実感できるわけでもなく、
気付けばやめていたゲームも再開。(成長との因果関係はないですが)
マンガや映画なども色々見るようになり、
ふむふむ楽しい世界もあるものだな、と今更ながら気付いたことも多いです。

そして冒頭の問いにたどり着いたのです。

これは、おそらく一朝一夕に答えを出せるようなものではないと思っています。
しかし、日々自分に問いかけ続けないと、道が見えてこない問題のようにも思います。

2021年、残りの3ヶ月はこれと向き合っていこう。