ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

日々目標を立てることの重要性

日々目標を立てること。
これが重要なのではないかとふと思いました。

ここでいう日々の目標とは、
文字通りその日1日の目標です。
仕事で言えば、1日で終わる単位のタスクです。
それをしっかりと終わらせて、1日を気持ちよく終える。

更に、次の日に何をやるかが定まっている。
そうすると、次の日を気持ちよくスタートできると思います。
(仕事の例えはイマイチだった気もしますが・・・。)

===============

ここ最近、ワクチン接種の副反応で怠かったり、
急にスマホが故障したりしていて、
落ち着いて目標を設定したり、
日々の活動を振り返ったりする時間を取れずにいました。

そうすると何が起きたかというと、

「日々をただ消化している」

感覚が非常に強くなりました。
更にいうと、明確で魅力的な目標を持てていないので、
1日の終わりがダラーっと訪れ、
1日の始まりも同様にダラーっとしていました。

明確な目標が定まっていることがこれほど重要なのか、
と痛感する日々になりました。

===============

少し前までは、Asana に週間目標、月間目標、四半期目標を書いておき、
それを週に一度カフェで見直し、修正していました。
目先のイベントから少し先のイベントまでを見据えることができるので、
刺激が多過ぎず少なすぎず、プレッシャーが程よい量で、
日々を刺激的に過ごすことができていた気がします。

ただ、前述した通り習慣が崩れるイベントがいくつかあり、
気付くと怠惰な生活に戻りそうになっている、危険な状態です。

一度ダラけ癖がつくと、しばらくこべりつきます。
そして、その癖を取り除くには、
癖をつけた時以上に強い変化が必要で、
そんな強い変化は簡単に起こせないため、
なかなか良い方向に進んでいかないわけですね。

こういう時は、一人で解決させようとするのではなく、
なるべく周囲の人を巻き込み、環境の力で解決するに限ると思っています。
自分がやろうとしていることを宣言し、
衆人環視の力を利用して、自分を律するわけです。

明日から10月。
今年も残り3ヶ月。
改めて、気を引き締めていきます。