ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

過度の合理化により失われるもの

先日、日本の大企業で
「リモートワークを主とする」
というニュースを見かけました。
とても良い傾向だとは思いつつも、
何か引っかかるものも感じました。

私自身、ここ数年、コロナ禍になる前から、
フルリモートワークで働いています。
なので、リモートワーク自体にはとても賛成なのですが、
その中で色々と複雑な経験もしてきたので、
手放しに喜ぶわけにもいかない、という立ち位置です。

リモートワークは合理化の象徴だと思っています。
PC を使い続けるような仕事であれば、
わざわざ混んでる電車に乗ってオフィスに行く必要はないし、
何ならチャットツールを使えば同期的に仕事をする必要もないし、
非同期で家やカフェからのんびり仕事をすれば良いのです。
(のんびりできるかは仕事によりそうですが。)

ただ、その合理化によって「失われるもの」もたくさんあると思っています。

===============

例えば「通勤」でいえば、人によっては「痛勤」というほど嫌われるものですが、
実際になくなってみると、気持ちの切り替えがうまくいかなくなったりします。

朝起きて、家にいる。
すぐにでも仕事を始めることができてしまう。
そして、夕方になって仕事を終えても終えなくても家にいる。
いつ仕事を再開しても構わない。

そうなると、なかなか気持ちの切り替えができなかったりします。
もちろん、そうならないように朝と夕方に外に出て歩いたり、
気持ちを切り替えるために色んな活動をしてる人もいると思いますが、
逆にいえば意識的に行動をしないとすぐに怠さの沼にハマってしまうわけです。
通勤があった頃は、意識する必要もなかったことですね。

===============

他にも、同僚などとの一体感、一緒に働いている空気感などは、やはり実感しにくいです。
リモートワークを支えるためのツールはたくさんありますし、
うまく利用すればだいぶ改善はするものの、
実際に肩を並べて仕事をしているときに味わえる経験とはどうしても隔たりがあります。

もちろん、同僚のタイピング音がうるさいとか、
息が臭いとか、貧乏ゆすりが気になるとか、
そういう問題からは解放されるので、良いことも多いです。

ただ、それと同時に、

「何か」が失われている

という感覚をしっかりと持つことも大事だと思っています。

目先の合理化だけに囚われていると、
本質的に大事なものを失ってしまうかもしれませんね。