ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

習慣の書き換えとはアンラーニングなのか

習慣を変えるのに必要なのは何なのか。

明確で強烈な目標を設定することで
感情を理性で押さえ込むなど、
色々な手法はあると思いますが、
ふと「アンラーニング」することの重要性を意識しました。

アンラーニングとは、文字通り「忘れる」ことです。
時代の変化や環境の変化によって、
過去に学んだことが適切でなくなってきたとき、
それまでに学んだことを一度忘れて、
また改めて学び直すのに必要な第一歩です。

もちろん、このアンラーニングは簡単ではありません。
少なくとも私は、学校でこれについて学んだ記憶はないですし、
社会人になってからもそんなに出くわしたことがない概念です。

本を読んだりすればたまに触れられてる単語ではありますが、
具体的なやり方にしっかりと言及し、
実現可能な状態なものを読んで記憶はありません。

しかし、何か変えたい習慣などがある際、
まず必要になるのがこのアンラーニングなのでは、と思ったわけです。

===============

もちろん、何でもかんでもアンラーニングができるわけではないです。
良い呼吸法を学ぶために一度呼吸する方法を忘れることができないように、
どうしても今の形を最低限維持したまま、
形を少しずつ変える必要がある習慣もあるでしょう。

しかし、多くの習慣は一度忘れることさえできれば、
そこから「正しい」型を学び、良い習慣を作る礎にできるのではないかと思います。

ただ、繰り返しになりますが、
アンラーニングの効率的、効果的な手法はよく分かっていません。
そもそも、ドラクエよろしくな「わすれる」ができるのかは不明です。

強いていえば、「価値観」が大きく揺るがされるような何かが起きることで、
そこに付随する色々な思考、言葉、行動などに変化が起き、
結果として習慣が変化する、書き換わるという状態を得ることができる。

そんな風に捉えることができるかもしれませんね。