ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

人は思い込みでリミットを設けてしまう

このくらいが限界じゃないかなぁ。

気付くと自分の中で、勝手にリミットを
設けてしまうことがあります。
おそらく、多くの人がそのような経験が
あるのではないでしょうか。

収入1つにしても、

私は年収500万円が妥当だよね・・・、
年収1000万円くらいはいけるよな、
年収1億円くらいはいくんじゃないかな、
などなど。

人によって、これまでの経験や周囲の人の影響は違います。
その中で、自分の中のリミットの基準を作ってしまうわけです。

===============

よく、

自分の周りの5人の平均が今の自分

という言葉を聞くことがあります。
つまり、また収入の話になりますが、
周囲の5人を思い浮かべた時、
その5人が5人とも年収2000万円だったら、
おそらく自分も2000万円くらいいけるはずと思うはずです。

なぜなら、その5人が普段どういう行動をしていて、
どういう発言をしていて、どんなことを考えているのか、
なんとなく見ることができるわけで、
その通りの行動をすれば
おそらく同じような結果を得ることができるからです。

逆に、周囲の5人が年収300万円だった時、
どれだけ頑張っても年収2000万円を目指すのは
難しいのではないでしょうか。
もちろん、そんな中でも頑張って目標を
達成できる人がいるのは知っていますが、
多くの人はその努力をし切ることが難しいはずです。

===============

これらは、結局のところ全て思い込みなわけです。

世の中を広く見渡せば、自分と同じような境遇で、
自分の今の目標を達成してる人はいるはずです。
しかし、そんなどこにいるか分からない人の実績なんて
自分の目標とかリミットには何の影響も及ぼさないのです。

逆に、周囲にいる身近な5人は、
自分と同じような境遇かはさておき、
自分の目標とかリミットに大きな影響を及ぼすわけです。

たかが思い込み。されど思い込み。

深層心理にまでアプローチしてくるこの影響力は、
うまく利用しないと逆に目標から離れていってしまうわけです。
思い込みを良いように使えるように、
環境や人間関係も多少は意識する必要があるのかと思っています。