ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

謝罪せよ

自分が謝った行いをして、
そして他人に迷惑をかけた時、
それが意図的だったのか、
無意識だったのかは関係なく、
まずは謝罪することが大事です。

自分は悪いことをしていないのになんで?
と思いたい気持ちも確かにありますが、
自分の行動によって迷惑をかけたり、
不快な思いをさせたのであれば、
まずは謝罪をし、その後に議論をすれば十分でしょう。

その相手が、自分にとって大切な人であればあるほど、
そういった態度が重要になってきます。
誤った行動をとってしまうことは誰にでもあることですが、
その誤りを認めないという誤りはやってはいけないのです。
それをすると、一気に信頼を失いことになるからです。

===============

しかし、世の中には

「謝罪待ち」

とも言えるような、
自分が圧倒的に偉く、
そっちが謝るのが筋だろ、
というような態度でいる方々も多少いらっしゃいます。

私は、こういった方々が本当に苦手で(汗)、
そういった方達に対して謝罪するのは、
本当に苦手だし、(正直ベースで話すと)やりたくないです。

しかし、そういう「謝罪待ち人間」ほど面倒な人が多く、
放置しておくとさらに悪化していくという問題が起きます。

「謝罪待ち」と似たようなものに

「感謝待ち」

という面倒なものもあるのですが、
愚痴になってしまうのでこの辺で・・・(汗)。

いずれにせよ、
(多少の面倒はあれ)
先行して謝罪するという行動を取れると、
人としての信頼度は高まるのではないでしょうか。