ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

自分が見せたいものと、他人が期待するもの

今、ぼーっと YouTube を流し見していたら、

「私が面白いと思って投稿した動画と
実際にウケが良い動画は全然違くて
温度差があるなぁと思う」

という話をされてる方がいました。
この感覚、ビジネスシーンでもよく感じるものだと思います。

自分にとってはこれが価値だ、

「こんな素晴らしいものを提供してるのはうちだけだ!」

などという恥ずかしいレベルの自惚れをかましつつ(汗)、
しかしお客様にとっては、

「それよりもこっちの方がありがたいですね!」

などと言って、こちらが想定していないようなレベルの、
なんなら呼吸をするレベルで提供できる内容に満足いただいたり、
一体全体何が価値なのか分からないな、と思うわけです。

これは、例えるなら、
自分の声を録音して聞くと違和感があったり、
自分の話してる姿を録画して見ると気持ち悪かったり、
そういうのに近い感覚なのかもしれないと思います。

自分の中で把握してる感覚と、
世に出して形にしてみたあとの実態が、
大きくずれている、ということとも言えると思っています。

このズレを少なくするためには、
声であれば録音、
見た目であれば録画、
価値であれば・・・?
実際にお客様に届けて、
フィードバックを貰い続けるしかないと思います。

そして、色々な言葉で、ときには図なども用いながら、
お客様が感じていることを細部までフィードバックしてもらい、
自分の中の感覚と外から見た感覚を限りなく近づけていく。

そういう地道な作業を続けることで、
最終的に、自分の価値を最大化して社会に還元できるのではと、
そんなことを思ったりしています。