ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

「もっと速い馬が欲しい」と言わせないために

「もっと速い馬が欲しい」

考慮不足のユーザーヒアリングをしても意味がない、
という文脈でよく使われる表現ですが、
最近これに簡単に陥ってしまうなと思う機会が増えました。

特に、自分にとって当たり前のことを聞くとき、

「当たり前だよね?」

という感じに聞いてしまい、

「う、うん」

のような回答が来て終わるようなイメージです。

もちろん、凝った質問にして答えを変に誘導して、
こちらに都合の良い回答をもらうのも意味がないです。

しかし、ある程度は誘導した上で、
ユーザーの本音をうまく聞くような姿勢は
とても大事なのではないかと思っています。

===============

これに似た話で、上司が部下に対して、

「分からないことはなんでも聞いて良いよ」

と伝えはしたけど、結局何も質問が来ない
というのがあると思います。

これも、

「例えば A とか分かる?」
「B の次にやることは?」

のように具体的に聞けば何か質問が来たかもしれません。
多少誘導はしていますが、本来の目的は達成できるわけです。

とはいえ、もちろん、
ちょうど良い感じの問いを投げるのは簡単ではないです。
つい手を抜いて、

「質問してくれれば何でも答えるよ」
「言ってくれたらやったのに」

などという良くない態度に陥ってしまうことも多いでしょう。

意識的に適切な問いを投げ続ける以外に
上達方法はないと思っているので、
日々の努力の積み重ねを忘れないようにしたいです。