ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

スピード勝負を超えた世界へ

スピード勝負。

私の人生は、基本的に
このスピード勝負で成り立ってきました。

人より早く。

たとえ拙くても良いから、とにかく早く。
遅く丁寧なものを作るより、
多少汚くても良いから早く表に出す。

ものを作るにしても、
自分の気持ちを外に出すにしても、
とにかくスピード勝負の人生でした。

===============

しかし、最近になって、
このスピード勝負一本だと限界かと
思う機会が増えてきました。

自分のスピード感と、
他人や世間のスピード感に
だいぶ大きなズレを感じるようになってきたからです。

もちろん、早ければ早いほど良いようなことであれば、
今まで通りのスピードで突っ走れば良いと思います。
ただ、他人と歩調を合わせるべきシーンでは、
そのスピード違反状態はあまり良いとは言えません。

多少はブレーキを踏みながら。
いやむしろ、アクセルの踏み込みを弱くして。
他者との協調を強く意識しなければならない、
そんな人生のフェーズに突入したのかと思うようにしています。