ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

ギバーかテイカーか

ギブアンドテイク。

お互いに与え合うことをそう呼んだりしますが、
世の中にはギバーとテイカーがいて、
更にその両方のバランスを取るマッチャーがいて、
結局自分はどれを目指せば良いのか?
みたいな疑問が浮かんだりします。

結論としては、最も得をする人も最も損をする人も
両方ともギバーで、重要なのは心持ちである
みたいな話なのですが、分かったようで分からない話です。

そして、そもそも何をもってギブ、
何をもってテイクと呼ぶのか、
という定義から難しいですよね。

===============

あくまで個人的な理解としては、
まず原則としてギバーを目指せば良いのかと思っています。

もちろん人によっては、
すぐに他人に騙されてしまう体質(?)の人もいると思うので、
そういう人はできるだけマッチャーなどを目指した方が良いのかもしれません。

しかし、それなりのバランス感覚というか、
ビジネス感覚というか、人をまず疑う感覚というか(笑)、
そういうのがある人は、少し大袈裟にでもギバーを目指した方が良いと思っています。

そうでないと、結局自分にとって利益があるのか、
という打算的な思考でしか行動・対人関係のアクションを取れなくなるからです。
(そして、そういう場合、良い結果にならない。)

根本的な思考回路の問題になるので、
一朝一夕に何とかなる話ではないので、
じっくりと時間をかけて取り組みたいテーマです。