ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

35歳定年説とは35歳で一度死ぬこと

ショッキングなタイトルですが、
完全な釣りではないです。

IT 業界では35歳定年説という言葉があります。

35歳くらいになると、
それまでの現場で仕事を続けることができず、
管理職などになるしかない、
といった意味があったりします。

また、新卒から2~3年かけて学んだ技術は、
10年くらいは現場で使うことができるが、
それ以上は鮮度がもたないため、
何か新しいことを学ばなければならない、
という意味もあります。

しかし私は最近、実際に35歳の歳を過ごし、
そんな生ぬるい話ではないのではないかと思ってきました。

===============

そもそも、一つの技術の鮮度は
10年ほどしかもたないというのは周知の事実です。
その波に飲まれないよう、新しいことを学び続けるのは
IT 業界に身を置くものにとっては当然のことです。

しかし、そういうことを意識していても、
35歳の定年ウェーブには飲まれてしまうのです。

それはなぜか?

本当に変えなければならない、
新たに得なければならないのは、
「技術」ではなく「態度」だからではないでしょうか。

===============

いきなり抽象的な感じになりました。

では「態度」とは何なのか。
それは、

「目の前の仕事」

「自分の周囲の人」

との向き合い方です。
はい、結局抽象的ですね笑

しかし、これ以上の表現は難しいのです。
ただ一つ言えるのは、技術を知ってるかどうかなんて、
もはやどうでも良いレベルの話だということです。

===============

タイトルで書いた「一度死ぬ」とは、
もちろん実際に死ぬことではないです。

しかし、自分のこれまでの生き方、
働き方を根本から変えるという意味では、
ある種の「死」なのかと思います。

これまでの自分の生き方、
働き方を変えるのはとても大変です。

何か大きなショックがあれば、
それをキッカケに新たな人生を歩む人もいますが、
そういった大きなイベントがない限り、
大体の人は昨日と同じような今日を生きるはずです。

そんな中、自分の生き方や働き方を見つめ直し、
そしてこのままで良いのか、変えるべきなのか、
しっかりと考える時間を持つ必要があるんだと思います。

そして、その時間をしっかりともち、
自分が納得する選択をできた者だけが、
35歳というハードルを乗り越えることができる、
そんな風に感じています。

===============

もちろん、今まで通りの人生を歩むことが間違いではないです。
むしろ、それが正しい選択になる可能性も大いにあります。
ここで言いたいことは、昨日までと同じ選択をするとしても、
一度立ち止まり、今のままで良いのか考える時間をもちましょう、ということです。

そして、もし今のままで良いという判断にならなかった場合、
勇気を持って自分の思考や行動を変え、ある種の「生まれ変わり」を経て、
納得感をもってまた日々を生きるという決断をする必要があるのかと思います。