ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

ここ最近、自分を取り巻く環境に変化が大きく、
自分が今何を大事にしたいのか、
分からなくなることが多いです。

そんな時、本当に自分が大事にしたいのは何なのか、
冷静に考えることが求められます。

しかし、そういった状況であればあるほど、
冷静に考えるのは難しいですよね苦笑

そして、そんな状況だと自分一人で考えるのは限界があったりします。
周囲にある種の「軸」となる人がいてくれると、考える手助けをしてくれたりしますね。

===============

ある程度歳を重ねてきて思うのは、
そういう「軸」となってくれる人というのは
本当に尊いということです。

若いうちは、ある程度がむしゃらにやっても
何とかなってきた部分がありましたが、
(これも陰で誰かが助けてくれてたんだと思いますが)
歳を重ねると、がむしゃらにやるだけだと結果が出なくなってきます。

そういう時、方向性を正してくれる人がいると、
自分のパワーを最大限正しい方向に向けることができるようになります。

===============

もちろん、助けてもらってばかりでは良くなくて、
こちらからも相手の「軸」になるように働きかけていきたいですよね。
互いに助け合い、しかし依存しあうわけでもなく、
自立した存在としてサポートし合う、ある種の理想像だと思っています。

そんなことを考えていると、
本当に自分がしたいことが何なのか、
その答えが薄らと、見えてきた気がします。