ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

自分の仕事を家族にどうやって説明するか

ここ最近、本業以外にも副業を色々やるようになって、改めて自分の仕事とはなんだろうという思いが浮かんできています。

「一言でいうと何なんだろうか・・・?」

あえて一言でいう必要もないのかもしれませんが、キャッチコピーのようなものが欲しいのかもしれません。

そんな中、モヤモヤしたものが徐々に溜まりつつあります。

ものすごい勢いで前進しているはずなのに、何か違う方向に進んでいるような、そういう感覚です。

ふと立ち止まって冷静に考えたとき、ある一つの考え方に辿り着きました。

それは、「自分の仕事を家族にどうやって説明するか」というものです。

私の本業はソフトウェアエンジニアなので、家族に説明するときは「アプリとか作ってる」などと雑に説明したりします。

IT 業界に身を置く友人知人であれば、もう少し詳しく「Python を使って〜」「フロントエンドも書いてて〜」などと付け加えたりもします。

しかし、最近取り組んでいる副業はそういった単純(?)なものでもなく、もう少し説明が必要になるのですが、そうなってくると途端になんて言ったら良いのかが分からなくなります。

また、正直な話、自分でもよく分からず(明確なゴールが見えず)に取り組んでいるものもあり、胸を張って断言できるような状態ではない部分もあります。

「そういった部分にこのモヤモヤの源泉があるのでは?」と思ってきたのです。

家族にどうやって説明するか。

技術的に難しいことをどう簡単に説明するかという意味だけではなく、自分が胸を張って社会に貢献していると言えるかどうか、といった意味も含んでくると思います。

もし胸を張って言えないような状態なのであれば、まずは見せかけだけでも良いのでそこを正すのが良いと考えています。

もちろん、ハリボテのままではいけません笑

ただ、そうやって理想となる姿を公言していくうちに、今の自分とのギャップが生まれ、そこが動力源となり、何か一つ壁を越えることができる、そう考えています。