ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

走り続けるために必要な目標

人生はマラソンに例えられることが多いですが、まさに長距離を走り続けることになります。

もちろん、人によって寿命なども様々ですので、短距離になる方もいるでしょうが、平均寿命などを考えるとかなりの長距離を求められます。

そうなったとき、最終ゴール地点のみを見続けて走るのは限界が来るわけです。

最終ゴール地点とは別に、通過点にいくつも目標を設置しておく必要があります。

中間地点、中間地点までの中間地点・・・というふうにブレイクダウンしていくイメージです。

もちろん、言うは易しなので、実際はそんな簡単に設定できるものでもありません。

それっぽい目標を立てることは比較的簡単だと思いますが、その目標が自分にとって本当の目標であるかどうかはなかなか判断しにくいものがあります。

また、いくら明確に適切な目標を設定することが出来たとしても、人生色々ある中でその目標に向けて走ることができるかも、また別問題になってきます。

しかし、目標のない状態で走り続けるのと、目標のある状態で走り続けるのでは、後者の方が圧倒的にスピードを出せることでしょうし、気持ちの浮き沈みも減らすことができると思っています。

そもそも、人生を走り続けている中で目標を設定しているので、時事刻々と変化する状況の影響で厳密に正確な目標など立てることはできないわけです。

そうなると、走り続けながら目標を修正し、そしてまたそこに向かいながら修正し、といった具合に、ありふれた言葉で言えば「トライアルアンドエラー」をする必要があると考えています。