ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

目の前のものごとに本気で向き合えているのか?

ここ最近、目の前のものごとに本気で向き合えているのか? と自問する機会が増えてきました。

今までの人生を振り返っても、結構な数の「本気」を出してきたとは思っていましたが、ここ最近の「本気」と比較するとだいぶ生温さを感じます。

つまるところ、自然と何か「セーブ」していたわけですね。

本気を出していたつもりだったが出せていなかった。そしてこの感覚は、おそらく現時点でもあるんだと思います。

もちろん、人間の生まれ持ったものとして、何かを急激に変化させるのは難しいと思っています。

変化しようとする動きに反発するように、現状を維持するような動きが生まれる。それが人間の性質としてあるからです。

3歩進んで2歩下がるわけです。

ここは諦めないとならないポイントだと思います。

だからこそ、最終的に大きな変化を得たいのであれば、その3歩進んで2歩下がる感覚を正面から受け止める必要があります。

そして、少しずつでも良いから変化し、それを継続していくしか道がないと考えています。

「目の前のものごとに本気で向き合ったところで少ししか変化しないのか・・・」と考えるのではなく、

「本気で向き合っても少ししか変わらないんだから、本気を出さないと何も変わらない」と考えを改めるのです。