ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

先入観を取り除く

最近、自分はどうも「先入観」を強く持つタイプなのではないかと、考えさせられる場面がありました。

(もちろん、これは自分基準の評価なので、人間誰しも、多かれ少なかれ先入観はあると思います。)

特に、年齢を重ねてくると、これまでの自分の経験を正当化したくなる傾向が強くなります。

その時、自分と違う価値観に触れると先入観から「あ、なんかこれは違うなぁ」と思ってしまい、心に蓋をしてしまうのです。もしくはストレスを抱えてしまうのです。

もちろん、その先入観は全て悪者ではないと思っています。

先入観があるからこそ、何か判断を下すとき、スピーディーに決断できるわけです。

その決断の良し悪しはさておき、現代を生きる私たちは山のような決断を迫られるわけですから、そのうちの何割かはスピーディーに決断するための先入観が必須なわけです。

ただし、本当に重要な場面でさえも先入観を発揮し、正しくない方向、もったいない方向に進んでいくのは避けたいところです。

先入観を取り除く。

人生の節目節目で、自分の価値観と向き合い、先入観の存在と向き合い、考え方を整理する時間を持つのも必要なのかもしれません。