ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

その行動は「価値」を生み出しているのか?

最近、その行動は「価値」を生み出しているのか? と思う場面によく遭遇します。

この「価値」というのは色々な意味を持つのですが、主に「ビジネス的にメリットを生み出す」という意味での価値です。

1つの仕事に長く関わっていると、細かいことが気になってくることがあります。

いわゆる「職人」のような状態になるわけです。

もちろん、これには大きなメリットがあり、細かいことを気にするからこそ、長期的に見た時に良い方向に進んでいくことがあります。

しかし、中には細かいことを気にするだけで、その内容が短期的にも中期的にも長期的にも、なんの価値も生み出さないことも多々あります。

ただの個人的な「信条」を優先するあまり、周囲の他人が自分とは異なる考え方を持っていることを忘れて、細かいことにこだわるわけです。

そして、そのコミュニティの多様性を無視してまでも、自分の「信条」を通したがる人がいます。

私が属する IT 業界は、特にそういう人が多い印象があります。

もし自分がそういう状態に陥った時(もちろん、まずは陥らないことが大事なのですが・・・)、とにかく大事なのは、その行動が「価値」を生み出しているか、というのを冷静に考えることだと思います。

ここを冷静に、俯瞰して考えられないと、面倒くさいと思われる人へ一直線です。

人の振り見て我が振り直せ。

自分も誤った道を進まないように、常に気を付けたいところです。