ソフトウェアエンジニアのキャリアなどについてダラダラと

本業ソフトウェアエンジニア、副業なんでも屋、自分の価値を最大化して社会に還元するために必要なことを模索する毎日です。

旧知の仲に整えてもらう

日々、いろいろなことに接し、いろいろな状況になると、ふと過去の自分を忘れることがあります。

これまで、自分が大事してきていたことを忘れ、何か新しいことを始めてしまうのです。

もちろん、それが今の自分にとって最も正しい、とるべき行動だと思った上で行動してはいるのですが、しばらくした後に、「あれ、なんでこんなことやってるんだっけ?」と思うときがきます。

自分の「軸」とズレた行動をとっていたのです。

私には、旧知の仲と呼べる方が、ありがたいことに何人かいます。

つい先日も、その方とお話しする機会があり、改めて昔から自分が持っている「軸」を思い出させてもらいました。

軸を整えてもらった、という言い方もできますね。

ぶれていて、曲がっていた軸を真っ直ぐに直してもらいました。

この軸の厄介なところは、何か思考や行動をするときの基準になるのですが、自分一人で直すのが難しいところだと思います。

軸は自分の中にあるので、自分では見えにくいのですよね。

なので、昔から自分を知ってくれている人に指摘してもらうことで、その変化に気づくことができるのです。

もちろん、ずっと放っておいて修復不可能になっていたら直すのは難しいと思いますが笑

そうなる前に、定期的にメンテナンスしていきたいと、改めて思いました。